2023.1.30.Mon
今日のおじさん語録
「衣類はしょせん、「最中」の皮にしかすぎない。/高峰秀子」
時計芸術研究所

連載

時計芸術研究所

機械式時計が絶滅の危機に瀕していた1970年代に、いち早くその価値に気づいて再ブームのきっかけをつくった、偉大なる〝時計のおじさん〟松山猛さん。そんな彼が、ぼくたちに時計の本当の楽しみ方を教えてくれる新しい場所が、当研究所である。今回はみんな気になっているけどなかなか聞けない、「メルカリで機械式時計を買う方法」について研究した!

テキストのコピーはできません。