2022.10.4.Tue
今日のおじさん語録
「役者というのは、行をする者、自分というものをよく考え、見極める者のことやと思う。(藤山寛美)」
松山猛の<br />
70年代日記

連載

松山猛の
70年代日記

ぼくたちが今気になるファッションやカルチャーの、ほぼすべてに関わってきた、偉大なる〝ぼくのおじさん〟松山猛さん。そんな彼を50年にわたって兄貴と仰ぐデザイナーが、吉田十紀人さんだ。日本では数少ない、色気のある男服をつくるデザイナーであり、特にアウターやテーラリングをつくらせれば天下一品。あのバブアーにも認められた超大物である。今日は名うての酒豪として知られる彼に、しらふでの師弟対談を依頼! テーマはファッションとはいったものの、もちろんそれで終わるはずもない。ファッションとカルチャーとがぐちゃぐちゃに絡み合って生まれた、時代の熱気を感じてほしい。

テキストのコピーはできません。